象印ラコルト株式会社

象印マホービン株式会社Web Site

会社概要

象印グループだからできること

象印グループだからできること

おいしいごはんにこだわる全てのお客様に

象印ラコルトの
保冷庫ができること

大火力でおいしさを極めた象印の炊飯ジャーには、
ごはんをおいしくする技術が多彩に搭載されています。

そして、象印は家庭用精米機もつくってきました。
お米は精米直後から酸化が急激に進むのをご存知でしたか?
精米の直後から表面に酸化膜ができ、日がたつにつれ本来の旨味が損なわれてしまうのですが、ご家庭で精米した直後に炊きあげれば、ごはんの美味しさや香りと甘みは驚くほど生きてくるのです。

そんな「ごはんのおいしさ」にこだわる象印が、次に考えたこと。それは・・・
秋に収穫された新米を玄米の状態で冷蔵保存し、食味と栄養価の劣化を抑える「保冷庫事業」に参画して、「もっともっとおいしいごはんを一年中食べていただきたい」ということでした。

そしてこのたび、株式会社日立建機ティエラより、玄米保冷庫事業の譲渡を受け、新たに「象印ラコルト株式会社」を立ち上げる運びとなりました。

ごはんのおいしさにとことんこだわる象印グループの象印ラコルトは、玄米をおいしく保存する「げんまい保冷庫」をみなさまにお届けします。

新しく誕生した象印ラコルトの「げんまい保冷庫」をよろしくお願いします。
象印とお米の歴史